UJP - SQL Serverカテゴリのエントリ

I hope this helps.

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ SQL Server の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

技術新着情報 - SQL Serverカテゴリのエントリ

 SQL Server 2008でテーブルを作成しようとしたら権限が無かったので付与する.

Linkはこちら

Micosoft SQL Server 2008のアンインストール

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2014/10/8 1:08
 以前Windows Server 2008にインストールしたSQL Server 2008をアンインストールする.

Linkはこちら

SQL Server 2008 Management Studio Expressで接続する

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2014/7/23 15:47
 SQL Server 2008 Management Studio Expressを使って,SQL Serverに接続する.

Linkはこちら

SQL Server 2008 Install Management Studio Express

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2014/6/14 18:07
 Microsoft SQL Server 2008 Management Studio Expressは,SQL Serverの管理用コンソール.すべてのコンポーネントのアクセス、構成、管理、開発に使用できる無償の統合環境で,グラフィカルツールやスクリプトエディタが統合され,管理者等が利用するツールである.

Linkはこちら

SQL Server 2008でバックアップを取る

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/10/25 23:35
 このドキュメントでは,SQL Server 2008で,データベースのバックアップ手順を説明する.このバックアップでは,オフラインバックアップではなく,オンラインバックアップを行っている. データベースファイルのいわゆるダンプを取る方法を,masterデータベースをサンプルとしたシステムデータベースと,ユーザデータベースに分けて説明 している.ユーザデータベースでは,トランザクションバックアップについても説明している.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.バックアップファイル保存領域を作成する
3.システムデータベースのバックアップを作成する
4.ユーザデータベースのバックアップを取得する
5.ユーザデータベースのトランザクションバックアップを取得する
6.バックアップスクリプトを確認する

Linkはこちら
 このドキュメントでは,Windows 7 Home Editionに,無料のSQL Server 2008 Expressをインストールする手順を説明する.エディションを選ぶ箇所と,管理GUIツールがインストールされない部分以外は,使い勝手はSQL Server 2008の上位版と同じですな...
 今回は,認証方式を混合モードで進めてみた.

Linkはこちら

SQL Server 2008でデータベースユーザを作成する

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/9/30 22:39
 このドキュメントでは,データベースのユーザを作成する手順を説明する.事前に,ログインとデータベースが作られている必要がある.

Linkはこちら

SQL Server 2008でデータベースを作成する

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/9/13 13:27
 このドキュメントは,SQL Server 2008で,新規にデータベースを作成する手順を確認する.

Linkはこちら

SQL Server 2008でログインを作成する

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/9/4 1:24
 このドキュメントでは,SQL Server 2008に接続する為のログインを作成する.SQL Serverではログインとデータベースユーザの管理が異なるが,まずはログインを作成する手順を説明する.
 ログインの作成には,SQL Server Management Studioを使ってGUIツールで作成する方法と,コマンドライン(クエリ)で作成する手順があるが,簡単なパスワードを付ける際に発生するポリシーエ ラー「メッセージ 15118、レベル 16」に対応する方法についても記載する.

Linkはこちら
 このドキュメントでは,それぞれ別のマシンで稼働するSQL Server 2008のクライアントとサーバ間で通信が出来るまでの設定手順を説明する. 単に手順を示すだけではなく,アクセスログを1つづつ確認しながら進めてい る.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.クライアントからSQL Serverに接続する
3.Windows XPのWindowsファイアウォールでSQL Serverへ接続できる許可設定を行う
4.Windows Web Server 2008のファイアウォールでドメインプロファイル,プライベートプロファイルをオフにする
5.Windowsファイアウォールのログを取得して通信エラーを解析する
6.Windows XPで動作するSQL Server 2008クライアントで接続エラー(SQL Server Error 53)を再現する
7.Windows Web Server 2008でWindowsファイアウォールのログを確認する
8.受信の規則を追加する
9.クライアントから接続してファイアウォールのログを確認する

Linkはこちら

SQL Server 2008クライアントツールのインストール

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/8/24 19:08
 このドキュメントでは,SQL Server 2008のクライアントツールをWindows XPへインストールする手順を説明する. SQL Server 2008 クライアントツールには,SQL Serverへの通信用コンポーネントの他,SQL Server管理者向けのManagement Studio,SQL Server PowerShell,コマンドラインユーティリティ(SQLCMD)をインストールする.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.Windows XPホットフィックスKB942288-v3の適用
3.SQL Serverクライアントのインストールの実行
4.システム構成チェッカーを実行する
5.Windowsファイアウォールに関しての警告
6.クライアントツールの選択

Linkはこちら

SQL Server2008にTCP接続を有効化する

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/8/13 0:14
 SQL Server 2008をインストールしただけでは,共有メモリ接続しか許されていない. 大半の利用方法としては,TCP接続を必要としているので,SQL Serverでプロトコルの設定を有効にする必要がある. これを行わないと,SQL Serverへの接続で121エラーがでる.ちなみに,リモート接続が許されていないので,名前付きパイプでのエラー40もでる.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.SQL Serverエラー121 を確認する
3.SQL Sever 構成マネージャを使ってTCP接続を有効にする設定を行う
4.TCP/IP接続を有効にする
5.TCP/IPで接続できることを確認する.

Linkはこちら

SQL Server2008の認証モードの変更

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2012/8/8 0:49
 このドキュメントでは,SQL Sever 2008で,認証モードの変更を行う手順を説明する. インストール時に変更しなければ,デフォルトで「Windows 認証」モードとなっている.これはWindowsアカウントとの統合モードであるが,ドメインを形成しない場合等は不便になる.よって,SQL Server単独のアカウント管理とWindows認証の両方を使える混合モードに変更する. また,Windows認証モードでインストールすると SQL Serverで古来から有る管理者saアカウントが作成されないので,このアカウントを有効にする手順も記載する.

 認証モードを変更するには,古くはレジストリの変更で対応していたが,GUIツールのSQL Server Management Studioで同じ作業が可能なのでこれを用いる.

Linkはこちら

SQL Server 2008 インストール

カテゴリ : 
Database » SQL Server
執筆 : 
 2009/6/21 20:02
 このドキュメントでは,Windows Web Server 2008に,SQL Server 2008をインストールする手順を説明する. 今回は,Evalution Editionを選択しているので,フル機能版となる.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.Windows Installerのアップデート
3.インストールの開始
3.1.セットアップルールの確認
3.2.プロダクトキーとライセンス
3.3.セットアップサポートファイル
3.4.機能の選択
3.5.インスタンスの構成
3.6.サービスアカウントの設定
3.7.言語環境(照合順序)の設定
3.8.データベースアカウントの設定
3.9.データディレクトリの指定
3.10.インストール構成内容の確認
3.11.インストールの実行

Linkはこちら

広告スペース
Google