UJP - スキルチャージカテゴリのエントリ

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ スキルチャージ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - スキルチャージカテゴリのエントリ

 IPAのセキュリティ資格の最上位,情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」は更新が必要なのね.

登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
ttps://www.security-next.com/125180

 あ,でも面白そうな講習が多い! お高いんでしょう・・・

ラップアップ

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2021/4/13 9:43
 さすが外国語が標準仕様の組織.会議終わりに「ラップアップ」という言葉が出てくるのが目立つ.「ラップアップ仕様か」と.日本語かい! 私の中では「ライザップしようか」に聞こえる.

 ラップアップは,会議終わりに,決定事項・宿題事項の確認のフェーズとして使われます.
 勉強してないので世間の流行りには疎いのだけれど,みんな「フィジビリ」っていう.

 正式には「フィジビリティスタディ(feasibility study)」で「実行可能性調査」になるかな.略してF/Sとか記述があるらしい.
 会社が違うと,PoCと言っていた.「Proof of Concept」.概念実証.メーカは,PoV,「Proof of Value」,価値実証という言葉を使ってた.

 細かくは手法,アプローチが異なるようだけれど,実際には「導入前検証」とか「試用」の域を超えてない.「言ってみたかった」の類かな.

 覚えるのは辛いから,漢字で表現してほしいなぁ.

ミルエネ 解約

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2020/12/28 16:02
 フレッツ・ミルエネに入っていたのだけれど,存在を忘れていたので,解約する事にした.

 まずは,NTT東日本のサービス解約用電話「0120-116-116」.
 ネットで調べるとプッシュで「6」を押すというのがあったので,案内を聞かずに6を押したら「番号が違います」と言われた...w
 仕方ないので最初から説明を聞き直したけれど,案内された番号も1〜5番までで,,要件に一致する案内がない.全部聞いた後どうしよう?と思っていたら,自動的に窓口につながった.

 そこで「ミルエネを解約したい」という要望を言うと,本人確認,Cから始まる契約番号(固定電話の電話番号でも可能)を伝えると,簡単に本日付で解約終了となった.機械をレンタル利用にしているので,後日改修用の袋がくるので,それに入れて返却だそうだ.

 入会した際のブログで「ちなみに機械を買い取りも出来るけれど,合計12600円なので月額210円だと損益分岐点は60ヶ月(5年).」と書いてあるけれど,トータルで8年以上使ってしまったし.すぐ飽きたので,ざっくり8年で35,280円程度無駄遣いしてしまった.

 まぁこれで来年からは毎月410円コスト削減に成功.フレッツで「にねん割」で毎月110年削減できるので,合計520円.ドコモでmoperaUシンプルプラン利用 200円とケータイ補償お届けサービス 300円も解約したので,合計1020円/月.

 Microsoft 365 で1,284円/月を契約したので,260円の支出増.

 他にやめられるものはあるのかなぁ.

Pythonで日時を出力

カテゴリ : 
スキルチャージ » Python
ブロガー : 
ujpblog 2020/3/19 15:39
 Pythonプログラミングなんて知らなくても,サンプルコードを使って応用することもあるさ.
 日時を表示する最小限コードをメモでとどめておこう.
$ cat datetest.py🆑
import datetime
nt = datetime.datetime.now()
print(nt.strftime('%Y%m%dT%H%M.%S'))
print(nt.strftime('%Y/%m/%d %H:%M:%S'))
 実行するとこうなる.
$ python datetest.py🆑
20200319T1536.44
2020/03/19 15:36:44
$

Python2でファイルのMD5をチェックする

カテゴリ : 
スキルチャージ » Python
ブロガー : 
ujpblog 2020/3/19 15:31
 入手したファイルが正しいものかを,MD5でチェックする.
 まずはコマンド.
$ md5 part-00000.gz🆑
MD5 (/Users/ujpadmin/Downloads/part-00000.gz) = 9d251b64a2c5723181ef8cb3fb22be55
$
 そしてコード.
import hashlib↲
fileName = '/Users/ujpadmin/Downloads/part-00000.gz'
with open(fileName, 'rb') as f:↲
»-------checksum = hashlib.md5(f.read()).hexdigest()
»-------print checksum

※»-------は,インデント.
 実行してみる.
$ python checkMD5.py🆑
9d251b64a2c5723181ef8cb3fb22be55🈁
$
 hashlib.md5の部分を変更すれば,hashlib.sha256とか他のハッシュ値に応用できる.

Pythonの特徴的なこと

カテゴリ : 
スキルチャージ » Python
ブロガー : 
ujpblog 2018/4/26 23:58
 Pythonの環境を作るのに一苦労.今理解しているのは,これまでの概念がちょっと邪魔しているのでは無いかということかなぁ.

 新しくプロジェクトを作ると,その下にPythonの本体やライブラリを複製して配下に設置する.こんな感じ.
[MBP2017:ujpadmin 00:24:19 ~/PycharmProjects/5 ]
$ ls -la
total 4
drwxr-xr-x  6 ujpadmin staff 192  4 26 23:48 .
drwxr-xr-x  7 ujpadmin staff 224  4 26 23:48 ..
drwxr-xr-x 13 ujpadmin staff 416  4 26 23:48 bin
drwxr-xr-x  2 ujpadmin staff  64  4 26 23:48 include
drwxr-xr-x  3 ujpadmin staff  96  4 26 23:48 lib
-rw-r--r--  1 ujpadmin staff 111  4 26 23:48 pyvenv.cfg
[MBP2017:ujpadmin 00:24:21 ~/PycharmProjects/5 ]
$ ls -la bin
total 10292
drwxr-xr-x 13 ujpadmin staff     416  4 26 23:48 .
drwxr-xr-x  6 ujpadmin staff     192  4 26 23:48 ..
-rw-r--r--  1 ujpadmin staff    2202  4 26 23:48 activate
-rw-r--r--  1 ujpadmin staff    1258  4 26 23:48 activate.csh
-rw-r--r--  1 ujpadmin staff    2422  4 26 23:48 activate.fish
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff     431  4 26 23:48 easy_install
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff     439  4 26 23:48 easy_install-3.6
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff     389  4 26 23:48 pip
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff     391  4 26 23:48 pip3
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff     395  4 26 23:48 pip3.6
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff 3500936  4 26 23:48 python
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff 3500936  4 26 23:48 python3
-rwxr-xr-x  1 ujpadmin staff 3500936  4 26 23:48 python3.6
[MBP2017:ujpadmin 00:24:33 ~/PycharmProjects/5 ]
$
 この場合,5というプロジェクトを作ったら,5ディレクトリの下にPythonのbinやライブラリがコピーされたという感じ.
 ユーザプログラムと動作環境を全部合わせて1プロジェクト.依存関係とかを排除するという意図かなぁ.これを「仮想環境」と表現しているのかどうなのか.

 昔と違って,ディスクやメモリがたくさんあるので,そういうのをケチる仕組みよりも簡単快適環境を作る方向に進化しているのかなと,思ったりします.

PyCharmを日本語化する Pleiadesを使って

カテゴリ : 
スキルチャージ » Python
ブロガー : 
ujpblog 2018/4/26 0:32
 最近のアプリは,リソースファイルを入れ替えれば簡単に他国語化できるようになっている.まぁ,むかーしのMacintoshの時代から,実行ファイルはリソースに直接アクセスできる規格があったので,軽く多言語対応していたなぁ.もう昔話すぎるのだけれど.

Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン
http://mergedoc.osdn.jp

 Eclipseとかと一緒になったPleiadesをダウンロードしてファイルを展開.setupアプリを起動して,日本語化したいアプリ,今回の場合はPyCharmを指定するだけ.














 簡単.ありがたや〜
 元はIBMが作って無償提供されているIDEのEclipse.ここ10年くらいはメインストリームな感じだったけれど,現代においては古臭いというかしがらみにより最新のニーズを取り込んで進化も遅くなっているらしい.大企業病か?
 という説教みたいな話は置いといて,Pythonを使うためのIDEでしらべたり若い子に聞いたら,PyCharmですよ!というのでインストールしてみる.

 PyCharmはBrewでも準備があるというので探してみる.

MBP2017:.pyenv ujpadmin$ brew cask info pycharm-ce🆑
pycharm-ce: 2018.1.1,181.4445.76
https://www.jetbrains.com/pycharm/
Not installed
From: https://github.com/caskroom/homebrew-cask/blob/master/Casks/pycharm-ce.rb
==> Names
Jetbrains PyCharm Community Edition🈁
PyCharm CE
==> Artifacts
PyCharm CE.app (App)
MBP2017:.pyenv ujpadmin$
 Brew版は最新リリース版の取り込みにラグがあるらしいけれど,本質的に私のニーズだと大きな問題はないので気にしない.
 ということでインストール.
MBP2017:.pyenv ujpadmin$ brew cask install pycharm-ce🆑
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (caskroom/cask).
No changes to formulae.

==> Satisfying dependencies
==> Downloading https://download.jetbrains.com/python/pycharm-community-2018.1.1.dmg
######################################################################## 100.0%
==> Verifying checksum for Cask pycharm-ce
==> Installing Cask pycharm-ce
==> Moving App 'PyCharm CE.app' to '/Applications/PyCharm CE.app'.🈁
🍺  pycharm-ce was successfully installed!
MBP2017:.pyenv ujpadmin$
 サクッと入りました.

 そのままコマンドラインで起動してみる.
MBP2017:.pyenv ujpadmin$ open '/Applications/PyCharm CE.app'🆑
MBP2017:.pyenv ujpadmin$
 このあとはGUIです.


 初めてのセットアップなので設定ファイルは読み込まずに.


 プラポリ.スクロールして一番下までいく.


 プライバシーポリシーに同意する場合,Acceptボタンを押す.


 しょ設定始まるけれど,とりあえず


 白いか黒いか.お好みでどうぞ.




 BashScripitのプラグインは入れておく.










 残念.設定が足りないので,macOSに最初からインストールされているPython2.7が認識されている.
 Python3の環境構築の続き.

anaconda3-5.1.0をインストール 

 Pythonの便利パッケージのAnaconda3をPythonとともにインストールする.
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv install anaconda3-5.1.0🆑
Downloading Anaconda3-5.1.0-MacOSX-x86_64.sh...
-> https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-5.1.0-MacOSX-x86_64.sh
Installing Anaconda3-5.1.0-MacOSX-x86_64...
Installed Anaconda3-5.1.0-MacOSX-x86_64 to /Users/ujpadmin/.pyenv/versions/anaconda3-5.1.0

MBP2017:~ ujpadmin$
 結構時間かかるね.マシンの処理能力によるけど.仕事場のMacbook Airだと30分かかったけど家のMacBook Proだと10分だった...

anaconda3-5.1.0を使うようにする 

 pyenvコマンドを使って,Pythonのバージョンを切り替える.現在は1つしか入ってない.
 まずは一覧を出してみる.
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv versions🆑
* system (set by /Users/ujpadmin/.pyenv/version)
  anaconda3-5.1.0
MBP2017:~ ujpadmin$
 やっぱり1つしか入ってない.macOSに最初から入っているバージョンは無視だね.
 システム全体で使うバージョンを設定する.
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv global anaconda3-5.1.0🆑
MBP2017:~ ujpadmin$
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv versions🆑
  system
* anaconda3-5.1.0 (set by /Users/ujpadmin/.pyenv/version)🈁
MBP2017:~ ujpadmin$
 アスタリスクが切り替わっているのが確認できる.おとなしいなぁ.

macOS high Sierra上にpython3.6.5の環境を作る.

カテゴリ : 
スキルチャージ » Python
ブロガー : 
ujpblog 2018/4/23 23:43
 これまでBashとcurlでどうにかしていたREST APIアクセスだけれど,限界を感じ始めたのでちょっとPythonを勉強してみようと考えた.それでまずは環境を整える.

現在の環境を確認

 macOS High Sierra 10.13.4 に最初から入っているPythonの場所とバージョンを調べる.
MBP2017:~ ujpadmin$ which python🆑
/usr/bin/python🈁
MBP2017:~ ujpadmin$
MBP2017:~ ujpadmin$ python --version🆑
Python 2.7.10🈁
MBP2017:~ ujpadmin$
 履いているのは2.x系.現在はPython 3系列が主軸?らしいし文法も違うというししがらみもないので,新しいバージョンを入れていくことにする.

pyenvをいれる

 最初に,Pythonの環境を整えるためにpyenvをインストール.パッケージなどを管理するツールと考えればよろし.
 brewで情報を確認.
MBP2017:~ ujpadmin$ brew info pyenv🆑
pyenv: stable 1.2.3 (bottled), HEAD
Python version management
https://github.com/pyenv/pyenv
Not installed🈁
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/pyenv.rb
==> Dependencies
Recommended: autoconf ✘, pkg-config ✘, openssl ✘, readline ✘
==> Options
--without-autoconf
	Build without autoconf support
--without-openssl
	Build without openssl support
--without-pkg-config
	Build without pkg-config support
--without-readline
	Build without readline support
--HEAD
	Install HEAD version
MBP2017:~ ujpadmin$
 pythonに限らず開発環境を整えてないので,不足しているもの多数...インストールする.
MBP2017:~ ujpadmin$ brew install pyenv🆑
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> Updated Formulae
r

==> Installing dependencies for pyenv: autoconf, pkg-config, openssl, readline
==> Installing pyenv dependency: autoconf
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/autoconf-2.69.high_sierra.bottle.4.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring autoconf-2.69.high_sierra.bottle.4.tar.gz
==> Caveats
Emacs Lisp files have been installed to:
  /usr/local/share/emacs/site-lisp/autoconf
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/autoconf/2.69: 71 files, 3.0MB
==> Installing pyenv dependency: pkg-config
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/pkg-config-0.29.2.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring pkg-config-0.29.2.high_sierra.bottle.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/pkg-config/0.29.2: 11 files, 627.2KB
==> Installing pyenv dependency: openssl
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/openssl-1.0.2o_1.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.2o_1.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A CA file has been bootstrapped using certificates from the SystemRoots
keychain. To add additional certificates (e.g. the certificates added in
the System keychain), place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs

and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash

This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries.

If you need to have this software first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

For compilers to find this software you may need to set:
    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/openssl/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/openssl/include
For pkg-config to find this software you may need to set:
    PKG_CONFIG_PATH: /usr/local/opt/openssl/lib/pkgconfig

==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2o_1: 1,791 files, 12.3MB
==> Installing pyenv dependency: readline
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/readline-7.0.3_1.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring readline-7.0.3_1.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because macOS provides the BSD libedit library, which shadows libreadline.
In order to prevent conflicts when programs look for libreadline we are
defaulting this GNU Readline installation to keg-only..

For compilers to find this software you may need to set:
    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/readline/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/readline/include

==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/readline/7.0.3_1: 46 files, 1.5MB
==> Installing pyenv
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/pyenv-1.2.3.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring pyenv-1.2.3.high_sierra.bottle.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/pyenv/1.2.3: 597 files, 2.4MB
MBP2017:~ ujpadmin$
 OpenSSLに関する部分が何かしなければいけないようだけれど,それは次回以降として...

pyenvをいれる

 インストールしたpyenvの場所とバージョンを確認.
MBP2017:~ ujpadmin$ which pyenv🆑
/usr/local/bin/pyenv
MBP2017:~ ujpadmin$
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv -v🆑
pyenv 1.2.3
 無事インストールできた模様.

ディストリビューションはanaconda 

 Continuum Analyticsという会社が,Python本体にデータ分析系のライブラリなどをいい感じに揃えたパッケージを用意していて,それがAnacondaという名前のディストリビューションとなっており,人気なので,深く考えずにそれにあやかってみる.
 pyenvコマンドを使って,現在利用できる最新のanacondaのリストを取り出す.
MBP2017:~ ujpadmin$ pyenv install --list|grep anaconda|sort|tail🆑
  anaconda3-4.0.0
  anaconda3-4.1.0
  anaconda3-4.1.1
  anaconda3-4.2.0
  anaconda3-4.3.0
  anaconda3-4.3.1
  anaconda3-4.4.0
  anaconda3-5.0.0
  anaconda3-5.0.1
  anaconda3-5.1.0 🈁
MBP2017:~ ujpadmin$
 今日は全部最新で行くのでanaconda3-5.1.0をインストール.ちょっと時間がかかるので別の記事とします.

イミュータブルが腑に落ちない

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2018/4/17 23:00
 pythonをセルフラーニングしていて連想配列からのタプルからのイミュータブル,ミュータブルへきたのだけれど,イミュータブルがわからない.

 どういうことかわからないのではなかくて,それはC言語でポインタを知っていれば原理的なところは理解しているのだけれど,今現時点では,それをどう活用,応用するのか,のイメージが湧かなくて...

 もうちょっと勉強を進めればわかるのかなぁ.

output_buffering

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2015/5/22 1:57
 php.iniのoutput_bufferingを4096という値が入っていたが,これをonにしてみた.
 PHPのコンテンツの生成が終了するまでバッファリングするのだけれど,onにしておくといい感じで調整してくれるらしい.

 体感,最初にほんのちょっと引っかかる感じがあるけれど,ページ生成は速くなった.ただし別セッションの画像ファイルはパラレルで呼び出されているので,なんか昔のモデム時代にインターレースGIFを読み込んでいるようになるなぁ.


 各種負荷状況でみると,バッファリングしているぶんだけCPUを使っているのかじゃなくて多分I/O waitが発生しているから,CPU loadが前日より少し高いんじゃないかと思うんだよね.
 24時間経過.

 再起動以外何もしない・・・というのは,それなりの効果があるってことか.それまで何年もそれで動いていたわけだからな.

 それとは別にして,1分ごとにgracefulしているアホ運用を最近見たのだけれど,それはそれで使っている人に迷惑がかかっていなければ,それで十分なのかもしれない. ただし,原因は追求していなければ,次回も同じ間違いをしてしまうが.
 エンジニアとしてのプライド的なものをかなぐり捨てれば,再起動という手法はコストパフォーマンスはかなり高い.まぁ,サーバの用途によって許される場合とそうでない場合があるわけだが.


 今回も少しそれで効果があったような?雰囲気だが.気にくわないけどなぁ.

サーバのCPUリソースが異常値を示す

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2015/5/19 23:32
 サーバの動作が遅いなと思ったので,MRTGを確認する.CPU Usageが高止まりしている. 


 基本的にはWebサーバなので,HTTPDを確認.
ujp:Caches server$ ps -eo lstart,pid,args | grep httpd
Tue May 19 22:45:53 2015      2960 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 22:55:17 2015      4150 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 22:56:39 2015      4520 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:02:32 2015      5027 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:02:34 2015      5028 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:04:26 2015      5148 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:04:26 2015      5149 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:10:23 2015      5715 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Mon May 18 18:40:40 2015     41138 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start ←これ
Tue May 19 21:04:52 2015     92886 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 21:37:23 2015     96607 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:12:03 2015      5829 grep httpd
ujp:Caches server$ 
 なんだか1つだけ,昨日の日付のままのプロセスがある.HTTPDはApache2で,worker MPMで運用.MaxRequestsPerChildを5000にしているのでプロセスが1日もつ事なんてない.
 プロセス番号41138を見てみる.
ujp:extra server$ ps -ef |grep httpd | grep 41138
   70  5027 41138   0   0:03.39 ??    0:12.81 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  5028 41138   0   0:02.38 ??    0:10.66 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  5148 41138   0   0:03.61 ??    0:12.56 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  5149 41138   0   0:04.34 ??    0:12.61 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  5943 41138   0   0:04.10 ??    0:10.05 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  6919 41138   0   0:00.40 ??    0:01.93 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  6925 41138   0   0:03.27 ??    0:05.40 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  7414 41138   0   0:00.09 ??    0:00.39 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  7415 41138   0   0:00.00 ??    0:00.01 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
   70  7416 41138   0   0:00.90 ??    0:01.35 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
    0 41138     1   0   0:03.87 ??    0:04.71 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start  ←これ
ujp:extra server$  
 スレッドの親サーバだから仕方ないか.わからない時の,取り急ぎ再起動.

ujp:extra server$ su - 
Password:
ujp:~ root# /opt/local/apache2/bin/apachectl stop
ujp:~ root# /opt/local/apache2/bin/apachectl start
ujp:~ root# ps -eo lstart,pid,args | grep httpd
Tue May 19 23:30:53 2015      8085 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:54 2015      8097 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:54 2015      8098 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:54 2015      8099 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:54 2015      8100 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:54 2015      8101 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:30:56 2015      8102 /opt/local/apache2/bin/httpd -k start
Tue May 19 23:31:07 2015      8137 grep httpd
ujp:~ root# 
 これでしばらく様子を見てみる.

MSBuild

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2015/4/8 12:16
 .NET向けのビルドプラットホームのオープンソース化したそうだ.公開はGitHubで.

Microsoft / msbuild : Microsoft.Build (MSBuild)
https://github.com/Microsoft/msbuild

 最近Jenkinsと連動したビルドサーバは流行りのようだけれど,MSbuildはWindows Azureにもイメージを用意しているようだから,クラウド環境をソフトウェアとも提供するサービス化して盛りたてていくのかな.

タプル

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2013/4/20 23:00
 タプルとは盲目的に行の事だと覚えていたけれど,wikiによると正式には「複数の構成要素からなる組を総称する一般概念」で「組」と呼ばれたりしていてそういわれると逆にゲシュタルト崩壊というか「組ってなに?」となる.

 行と言えば通じると思うけれどタプルという言葉を使っているシーンは聞いた事無いなぁ.

ミルエネ ファームアップ V04.10

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/11/26 0:06
 NTT東日本からから電話があり,ファームウェアがアップデートされたのでその手順のご案内をしたいと...休日の寝ているときだったので「自分でやるからイイ!」と突っぱねた事を思い出した.

 前回ファームアップしたのは8月でした.


 これが次の様になります.

ファームウェアバージョン:04.10 
本ファームウェアは、以下の子機ファームを搭載しています。
 ・ECP-21202-ZiSE ファームウェアバージョン:03.02
 ・ECP-2602-ZiSE ファームウェアバージョン:03.02
 ・ETP-1151-ZiSE ファームウェアバージョン:03.03


 うちは手動にしていたけれど,普通は自動実行で更新される様です.今回の設定で自動更新にしました. そして,他の周辺機器も対処が必要です.

分電盤計測器の対処方法はこれ
http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/pdf/121015_01_02.pdf

電源タップの利用者はこれ
http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/pdf/121015_01_03.pdf

 電源入れ直すだけですね.今回の不具合の説明はこちら.

フレッツ・ミルエネ無線親機のソフトウェア不具合に伴う消費電力量が正しく表示されない事象について
http://www.ntt-east.co.jp/info/detail/121015_01.html

 それにしても毎回電話くれるのね.手厚いサポート...もしかして,ECP-1602-ZiSE電池切れだと思っていたのだけれど,今回の不具合も関係してるのかな?

IPv6なのかな

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2012/10/21 23:00
 半期に一度の学校訪問.今回の場所は東京都市大学.昔は武蔵工業大学という名前だったそうだ.


 ハイカラな名前に反してトイレが臭かったのだけれど,駅からの道,迷いそうな箇所に案内人を配置しているのは今までに無い配慮で高感度アップ.

 それはおいといて,とうとうがIPv6がメイン風の問題が出て来た.よくよく読めば,「ふう」なんだが.家のネットワークくらいはIPv6で構築してみて実勉強しとかないといかんかなー

不安はためらいがちにさせる

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/8/7 13:36
 本屋で暇つぶし.なにげなく手にとって立ち読みしてみたら,その中で興味深い一節が...


・不安はためらいがちにさせる
・不安はコミュニケーションを減少させる
・不安はフィードバックを敬遠させる
・不安は気難しくさせる

 仕事がうまくいってない時に,ついこのような現象に陥って,自分の居場所を見失ってしまう,そんなことなのだろうな.
 遅延しがちなプロジェクトにおいても,この4つは頻繁に発生する.弱い犬が吠えるように気難しく装うような事もある...

 今回立ち読みしたのは,「テスト駆動型開発:Test-Driven Development」についての本で,TDDとは,テストをベースにしたソフトウェアの開発手法.
 通常の開発手法と異なるのは,テストから先に作成します.テストファースト.そして,目的ソフトウェアの作成を行います.テストを先に定義するということは要件を先に定義するということかなぁ.このあたりはXPなので立ち読みレベルで身につけようとしてもダメでしょう.

Windosファイアウォールのプロフィール

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/8/5 0:32
 普段使いはMacOS Xだし,最近使っていたのはWindows XPなので差分吸収が大変なのだけれど,いつの頃からかWindowsファイアウォールが搭載される様になって,それはサーバでも有効になっています.

 一番判らなかったのがこれ.


 プロファイルが,ドメイン,プラベート,パブリックと別れていて,それぞれの意味は判るのだけれど,プロファイルを切り替える方法が調べられない.

 調べた結果,手動では切り替えられなかった.「サーバの役割」によって自動的に設定されるので,今回触っているWindows Web Server 2008だとWebサーバとしての役割以外が存在しないので,パブリックのみになる.

 Windowsサーバは,昔は管理者が明示的に制限設定をする必要があったけれど,今は逆で初期設定で制限されているので管理者が自分で開けていかなければならない. 開ける為には勉強しなければならない.
 Sybaseが,もともとそういうポリシーで初期設定がされていた事を思い出す.インストールは簡単にできるのだけれど,ちゃんと勉強してないと適切な設定が行われないので,かなり速い段階でデータベースが停止する様に作ってある.フールプルーフと言えるかな.

 某社で,Oracleのプロフェッショナルと自負する人たちが運営しているサーバで設定シートをみたらsysがchange_on_installのままだった.これはお里が知れる...
 VMware ESXi5を入れたのはいいけれど,インストールメディアをことごとく認識しない.Red Hat 6.0はOkだったけれど,Windows8,CentOS5.4,CentOS6.3等...
 何となく古いOSはOKで新しい奴はダメなのかな?と思っていたけれど,意外と問題は簡単でした.
 画面上に表示されるのは"PXE-M0F: Exiting Intel PXE ROM Operating system not found"という起動できるOSがみつからないという悲しいお知らせ...


 仮想マシンのプロパティを編集し,ホストデバイス(VMware ESXiが動作しているサーバ)のドライブを指定します.1代しか搭載してないマシンだと1つしか認識されないはず.
 そして,[パワーオン時に接続]をチェックすれば良いです.

 それでもだめなら,これをためしてみてください.

...続きを読む

ミルエネ ECP-1602-ZiSE電池切れ

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/8/1 1:20
 うちの場合は分電盤計測器はECP-1602-ZIiSEという機器を使っているのだけれど,たしか単三電池で3年程使えると言っていた様な...サンプル電池なのと,通信距離も関係あるだろうから,1年弱というのは,悪い方でもないのかも.


 この最初についていたSONYの電池の残量が無かったみたいで,しばらく前から送信できてなかった様です.



 電池を入れ直して,ボタンを長押しすると,緑のランプが点滅するのでその間に管理画面をPCで呼び出して,ペアリングボタンを押します.

Macの場合
http://e-setup.local/

Windowsの場合
http://e-setup/

 成功すると,次の様に.



 「小電力無線機器通信ログ」を開くと,


 約半月,通信できてなかった模様.

 ECP-1602-ZIiSEの電池切れは,次の動作で確認できます.

・設定ボタンを1秒程度押して,緑 点灯5秒→電池残量十分
・設定ボタンを1秒程度押して,赤 点灯5秒→電池残量少ない
・設定ボタンを1秒程度押して,無 点灯→電池残量なし.電池交換.

 色々と調べて判ったのだけれど,

...続きを読む

ミルエネ ファームアップ V4.09

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/8/1 0:43
 家庭の電気使用量を計測するサービス,ミルエネの無線親機のファームアップが公開されました.

フレッツ・ミルエネ対応機器 無線親機(EAD-1-SE)
http://web116.jp/ced/support/version/energy/miruene/index.html

 7月31日付けで,V4.09です.現在はV3.0です.



 主な機能追加としては

・分電盤計測器(ECP-21202-ZiSE)への対応
・Windowsワークグループへの参加時の動作改善

 ファームアップ完了すると次の通り.


 分電盤計測器は,60Aまで用だったのが120A対応モデルが出ている模様です.120Aなんて,どこの大家族だろうと思ったけれど,オール電化とかしていたら普通なのかな.

東大

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/4/10 23:36
 今週末とうとう東大に行く事になった. 日本の最高学府だ.でも,駒場なので,赤門とかないんだろうな.全く情報を知らん...

情報理論

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/3/13 23:21
情報理論と言う学問がある.

情報とは何でしょう?

 ある出来事が起こった.それがレアであれば情報だし,良くある事なら情報では無い.頻発する事なら,みんな知ってるから情報に価値は無いが,滅多に無い事なら,そこに価値がある.

 富士山に登っても情報として価値は無いが竹馬に乗って登ると価値があるかもと取材がくるかも.情報量とは,起こりにくさの確率によって決まる数学的な量.

ミルエネ Authentication Failure

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/3/4 14:13
 ミルエネが始まって1ヶ月.数回に渡りNTT東日本から留守電がはいっていたのだけれど,「コールバックしてくれ」というものの連絡先も解らず...放置していたら先ほど電話があった.
 NTT東日本のサーバにデータが送信されてないというのが要件だった.

 契約が変わった事でWebサービス側で新しくユーザIDを設定したのだけれど,EAD-1-SEという親機にIDを反映してない事で,NTT東日本のサーバとEAD-1-SEの間で認証エラーがでていた.


 IDを再設定して情報を確認してAuthentication Successが出ている事で完了.

ミルエネ

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/2/11 12:01
 「NTT東日本ー電力見える化サービス(仮称)」が2月1日から「フレッツ・ミルエネ」になった.毎月210円だったけれど機器レンタル料210円がかかる様になり,合計毎月420円.
 電力使用料を効率化する事で電気代を420円分取り戻せれば良いけれど,まぁそれは難しいかな.電気代も上がるみたいだし. ちなみに機械を買い取りも出来るけれど,合計12600円なので月額210円だと損益分岐点は60ヶ月(5年).

http://flets.com/eco/miruene/

 考え方を変えて,プロバイダ契約を2000円安いコースに変更して費用は低減した.

 それでまぁ,電力グラフを確認してみた.


 オレンジ色のグラフが当日になるのだけれど,この日の生活パターンがもろにでているな.

 フレッツ・ミルエネになって,電力タップを購入する事ができる様になったので注文してみた.このタップがあると,タップ毎に仕様電力量が計算されるので,より詳細なデータを取得する事ができる.ただしいつ,入手できるかは不明.

集合知

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2012/1/11 23:07
 待ち行列理論等を学んで行くと,集合知にたどり着く.みんなの意見を集めて集計する事で,けっこう正確な回答が導きだされる.という考え方.

 実家の近くのスーパーにあるパン屋さんで,直径40cm程度の大きな亀のパンが置いてあった.「このパンの重さをあてたら商品券」みたいなキャンペーンだ.
 この時,そのパンの重さを適当に推測してみる.

・中身がスカスカで,意外ととても軽いんじゃないかと推測して500gと想定してみる.
・中身がアンコが一杯で重たかったとしても5kg以上は無いのでは?と想定してみる.

 500gと5kgという想定が出た時に,集計した結果,中央値が2.5〜3kgくらいという風に,その沢山の人の予想を集めて導きだすと,それっぽい値になる.

 プロジェクトがうまく行かないのでは?と多くの人が口に出す様になると,たぶんそれはうまく行かないという結果の集合知なのかな?と思うけれど,それは同じ環境に居る人の考え方の偏りなので,ただの予感かな.

ソースコード

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/29 23:18
 調べごとをしてたら新卒で入社した会社のWebページが引っかかった.

 その会社のサイトに,技術論文を掲載しているコーナがあるのだけどそこを開くと知ってる人もチラホラ. みなさんお元気そうで.

 そこには研究部門からきたおじさんの技術論文も掲載されていた.いわゆるバーコード的な髪型なんだけどそんな事より寝癖.亀井静香もビックリの寝癖.鉄腕アトムみたいな事もあったな...という名物部長さんなのですが,公開されていた論文を読んでみたのだけど,まず何かをコンピュータシステムで幾何学的に証明するための考察なんだけど説明文もソコソコにいきなりソースコード.60%はソースコードだった.

 結局コンピュータって,プログラムソースコードがロジックであり真実でありアルゴリズムなので,正解と言えば正解. でもちょっと読みづらいな.

セッションとコネクション

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/27 23:27
 話をしていて混乱するので再確認. まずは,お決まりの辞書から.

Connection・・・つながり,つなぐ事.結合,連結,接続.
Session・・・会議等が開いている,二人以上が集まって一定の活動をしている.

 確かに「トークセッション」なんてイベントがあったりするなぁ.応用するとこんな感じ.

・前職のコネクションを使って有識者を集め,トークセッションを開催した.

 OSI7層でいうと

・トランスポート層は第4層.TCPコネクション.
・セッション層は第5層.個別のプロトコルは無い.

 数値の少ない層の方がより低レベルなので,コネクションで接続が確率された上でセッションが成り立っている事が分かります.

待ち行列 Fast Response

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/22 2:11
 待ち行列に反応する窓口側の対応方法の中で,Fast Responseがある.

 その名の通り,速く反応した窓口に対して,行列の先頭の人が割り当てられる.「速く」というのは,ICMPを送信してそのレスポンスが速い,つまり「まだ余裕」という判断が行われるという事.

 ロードバランサ側では,常に割り振りをしている中で,レスポンスタイムを元に常に試算しながら次の割当を考えている事になる.

 ポアソン分布で到着が行われる場合はランダム到着になり,M/M/1モデルによる行列が形成される場合,処理時間もランダムなわけだから,時間軸をある断面で切り取った場合,その時ヒマな人に仕事を割り振るのがセオリーで,相手先を求める1つの手段が「Fast Response」という考え方.

 ただし,サーバの反応を判断した上での割当判定が伴うので,バランサ本体のCPUリソースの使用率が高いと,思われる.
 つまり,仕事の割り振り先が沢山ある,部下が沢山居るときに誰にこの仕事を割り振ろうかと「考える時間」が必要なぶんだけ遅いといえる.

 対してラウンドロビンでは,何も考えずに順番なので,「処理時間の長いセッションを割り当てられた場合=忙しい」状態でも,お構いなしに割り当てられる. 場合によってはそこにセッションが溜まるので,サーバからみると攻撃を受けているとしか思えない...

アーラン

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/15 23:01
 アーランという言葉との出会いは,ネットワークスペシャリストの試験の問題で.勉強していない人にはさっぱりわからん.

 アーランとはアグナー・アーラン氏の名前からとっていて,彼は待ち行列理論の開祖だということ.音声電話分野で単位として使われ,試験には「1アーラン」等と答え,日本語では「1呼量」と表現したりする.

 1アーランは1つの資源を継続的に利用している状態.

 「内線通話を調査したところ通話数が1時間当たり120回,平均通話時間が90秒であった.この状態の呼量は何アーランか」


 この場合,1時間あたりの総通話時間は次のような計算式で求められる.

120回×90秒=10,800秒

 この場合,1時間は(3,600秒)なので,これで割ります.

10,800÷3,600=3アーラン

 この場合,電話機&電話回線は3個あれば良いというわけ.

ポアソン分布で待ち行列

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/7 23:51
 ポアソン分布とは,ポアソンさんが発表した統計学・確率論の離散確率分布の1つ.「所定の時間間隔で発生する散漫的な事象を数える特定の確率定数Xを持つ拡散確率分布」とwikipediaには書いてある. なんのこっちゃ? 今回は待ち行列を考えるときの,「到着」について適用します. この場合,簡単に言うと,「でたらめ」に到着するという意味です.

 人が集まって来て行列ができるわけですが,じゃぁどういう時間間隔で行列が長くなって行くかを考えます. 行列ができる時ににありえる状態は

・等間隔で並ぶ
・一気に増えて,しばらくこない.を,繰り返す.
・パラパラときて,しばらくこない.を,繰り返す.
・常に行列が長くなる.
・全く並ばない.
・最初しか来ない
・最後しか来ない.

 きりがないので,それを定量的に考えようと言うのがポアソン分布で,次の3つの条件を満たす事で定義されています.

●定常性

 同じ幅の時間間隔あたりの到着方法が,時刻に依存しない. 
 どの時間でも平均すると一定になっている必要がある. たとえば幅を1日24時間とした場合,朝だけ混むとか特殊性のある場合で比べない.毎日の朝10:00〜11:00だけとかので定義.

●独立性

 共通部分の無い時間間隔の到着は,それぞれ独立している.
 これは,今現在以前の状態・条件によって,左右されない状態.長い行列だから並ばないというような差が生まれ無い状態.

●希少性

 同時刻に複数到着しない.
 同時に到着しても必ず順序を付けないと,行列に並べないので.

----
 情報システムの中で実際にどう計算で使うのかという事で公式を使う事は無くて,行列の並び方の特性を示す時に使います.

・等間隔で到着すると想定・・・・工場のラインを流れる部品等.
・ポアソン分布で来る場合と想定・・・・でたらめなんだけどそれなりに来る.

マルコフ過程

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2011/12/6 1:37
 マルコフ過程とは,マルコフ性を持つ過程の事.なんのこっちゃ.もう少し詳しく.

・マルコフ性とは,過去がどうであれ現在の状態のみに依存している特性.
・マルコフ過程は,未来の挙動が現在の値だけで決定されるという確率過程.

 「過去なんて振り返るな.今現在から未来を予測しろ!」という事だ.

 既に並んでいる行列で,自分の順番になるのは何分後?というのを計算する為に,並ぶ前の行列が構成されるまでの経過時間(過去)を考えるのではなく,自分が並んだ後にできる行列(未来)を経過時間とともに考えるやり方. これは「リトルの法則」に通じますね.

 待ち行列理論のM/M/1のMは,マルコフ性のMだそうです.

 M/M/1は,到着時間/サービス時間/窓口数です.「マルコフ/マルコフ/1つ」ってこと

 窓口に過去,いっぱい並んでいたかもしれないけれど,これからは並ばないかもしれないし,サービス時間も長かったけど短くなるかもしれないし,過去のバリエーションは幅広いので,今現在から未来へ少しサンプリングした所で解を見つけて行くわけです.

ネットワーク性能試験

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2011/10/24 23:25
 今更ながらに答え合わせをした.午前1は30問中23問で76%,午前2は,25問中15問で60%なのでNGか.

 そのかわり次回の午前免除は勝ち取ったかな.たぶん.

東京医療保健大学

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2011/10/16 23:24
 今日は東京医療保健大学という所だった.これは短大だったみたいなので,ほぼ女子大学だな.


 男子トイレの便器が大と小で1つづつしかなくて更に狭い.わしが小をたしていたら,奥の個室に入りたい人が通れなくて入れなくてとても辛そうだった.そうは言ってもこちらも速く切り上げるわけに行かないし〜 
 聞き慣れないのだけれど,無線PANというものがあります.

 PANは,Personal Area Networkの略で,近距離で低電力無線ネットワークを組むときのものです.良く知られているものでいえばBluetooth等.

 今回はZigBeeというもの.NTT東日本 電力見える化サービスで分電盤に取り付けた装置は無線PANクライアントで,親機に接続しています.


 確かにこれをみると乾電池4本で動作しているわけで,頻繁に通信しているわけじゃないと思うけれど,この電池で通常1年使える設計らしいから,そりゃたいしたもんだ.
 さて,9月11日から計測を始めた電力見える化サービスですが,約半月経過しました. 日別のグラフをみると,次の様になっています.


 グラフの下の数字は日付で,一番左は11日を示しています. 緑の棒がその日毎の使用量で,赤い線は多分累積した料金あたりかな.

 特徴としては,水槽があるので一日中エアコンを付けている部屋があるのですが,17日から24日まで家を空けていて人間が生活してないというのと,その間に台風が来て涼しくなっているという事が重なって使用料は1日あたりで半分になっています. そういう風に見ると,やはり基本はエアコンなのかな.
 機材より先に封書でセットアップ手順とゴム手袋が送付されて来ていましたが,予定通り機材が到着したので開封してみました.


 3つの箱があるのですが,まずはECP-1602-ZiSEと書いてある箱に入っている分電盤計測器をセットアップします.


 分電盤計測器といっても難しく無く,分電盤のケーブルをCTクランプで挟むだけ.クランプメータによる計測と同じで,磁界の計測する形なので危険な作業はありません.んが,万が一の為にゴム手袋が用意されています. ブレーカも落とす様に指示されています.


 CTクランプを分電盤の黒と赤のケーブルで挟みます.うちの分電盤はリミッター有りタイプなので,リミッターと分電盤の間に挟むことになります. CTクランプは2つ入っていますが,区別は無いので,赤黒どちらでも良い様です.
 タイトルの通りです.応募したら2回目で当選しました.

 このサービスは分電盤や専用電源タップに計測器を付けて,その情報を無線LAN等でNTT東の本のサーバにアップロードし,それをWebブラウザや光iフレームというタブレット端末で観る事ができるというものです.

 日曜日に留守電で当選したという電話が入っており,夜21時まで受け付けていると言うので電話し,手続きを終えました.9月10日にモノが到着すると言う事にありました.
 4月に行われる予定だった情報処理試験ですが,震災の影響を加味して6月に延期されました.
 そして,新規の受験申し込みも追加されています.

平成23年度特別情報処理技術者試験(仮称)の手続について
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_h23_tokubetsushiken_annai.html

 情報処理試験の合格証は,経済産業省大臣名で頂けるのですが,6月に受けたものは8月上旬発表と言う事になっていて,今のままなら海江田万里なのだが...
 ここでPDFをダウンロードできますよ.

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html

 自分で印刷すれば無料.ただし手間ひまかかりますけどね. 一度過去に参考書を買ってあれば,不明点はその参考書を使い,回答はこの過去問を復習すれば良いかな.説得力無いけど(笑)

撃沈

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2009/12/21 15:58
 今日は2つ撃沈.

・情報処理試験
・紅白歌合戦の観覧モニター

 ハズレの日ですな.

XOOPSのバージョンアップしてみた

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2009/12/2 22:58
 サーバの入れ替え完了しました. 一部,文字化けが残っている様です...
 今回行ったのは渋谷の道玄坂を登った所にあるフォーラム8という貸し会議室が会場でした.大学に行くのが楽しみなんだけど残念ですが,家から近い方なのでよしとするかー. 前回一昨年受けた時は家の隣の駅だったのでお昼ご飯食べに返って来れたんだよね落ちたけど.

 午前Iは免除,専門分野となる午前IIを採点してみましたが,25問中,16問正解でした.一応,64%なので午後に望みがつながりました.
 OSPFとかVoIP系がでるとさっぱりでしたが,まずまず難問は無かった様な気がします.64%のわしがいうのもアレですが. でも時間がないですね.あっというまに午前は終わります.

 午後Iは,一応ほぼ埋められました. 前回,春のデータベースは時間がなくて3問中2問選択の1問しか書き終えられ間瀬でしたから.ネットワーク障害,メールサーバ,システム増強の3つでしたが,後者の2つを選択. ポート995って,初めて知ったよ...

 午後iIは,2問中1問の選択ですが,2問目を選択. 解答用紙は裏面になるのですが,回収される時は表側でだすので未記入風にみえる.
 いつもそうですが,今回もなぜか教室で先頭席だったので帰り支度しながら他の人の選択具合を見たのですが,表が空白の人が多かったですね.つまりわしも含めて問2を選択しているのが多いようです.

 これ以上の自己採点は面倒なので,12月くらいの発表を待ちますかねー

 そういえば,インフルエンザ対策でマスクしていったら,取れと指示されました.咳き込んでいる様なやつはいなかったけどなぁ.

過去問

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2009/10/13 20:31
 今週末の情報処理試験の為に,過去問をやっています.

 午前Iは免除なんだけど,対策問題集は午前問題分かれてないので淡々と過去問をやっているのですが,いつも55問中37問です.

つまり67%! ギリギリアウト!

 だとおもっていたら,最近は60%以上で良いらしいですね. ああ,やる気が出て来た!(かも)

VMware ESXi 4を入れてみた

カテゴリ : 
スキルチャージ
ブロガー : 
ujpblog 2009/8/28 0:40
 色々(調査はしてないが)思案した結果,VMware ESXiを導入する事にした. 現在インストールされているWindows Server 2008を消すのはもったいないので,AppleのTime Machine(自動バックアップ)用に買っておいたSATA 400GBのハードディスクを内蔵させてみた.

 今回利用したのはVmware ESXiという無償で提供されているもの. スキルチャージでいただいたhp ML110 G5では,先行者によると問題なく動作している...のだが,どうしてもネットワークが繋がらない.
 1時間程悩んだのですが,ハードディスクを内蔵させた時にネットワークケーブルを抜いていたので,それで繋がらなかっただけでした.初歩的とはいえ,繋がってないと想像できないので意外と苦労しました. 先日も,ルータの設置でLANケーブルがちゃんと刺さってなくて繋がらなくて30分程悩みました. ポートを付け替えてみようとケーブルを手にかけたらするっと抜けて・・・その時は配線を任せていたので他人のせいに出来るけど,今回は自分だけだし...

平成21年度秋期試験について

カテゴリ : 
スキルチャージ » 検定・試験
ブロガー : 
ujpblog 2009/7/18 6:30
 情報処理試験の申し込みが始っています.

平成21年度秋期試験について
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_02annai/h21aki_exam.html

 何年か前からインターネットで申し込みが出来るので楽ですね. 実施される試験は次の通り.

ITパスポート試験 (IP)
基本情報技術者試験 (FE)
応用情報技術者試験 (AP)
ITストラテジスト試験 (ST)
システムアーキテクト試験 (SA)
ネットワークスペシャリスト試験 (NW)
情報セキュリティスペシャリスト試験 (SC)
ITサービスマネージャ試験 (SM)

 嫁さんは仕事柄,セキュリティを受けると思うのだが,わしが受けるのはITサービスマネージャか,ネットワークスペシャリストか.やっぱり先にネットワークかなぁ.

広告スペース
Google