UJP - 新着カテゴリのエントリ

I hope this helps.

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ 新着 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

技術新着情報 - 新着カテゴリのエントリ

 自分でアクセスしたく無いような危ないサイトのスクショもこれでゲットできますね.


リンクはこちら
 macOS標準のスクリーンショット機能の動画版,画面収録では音が記録されないので,仮想ドライバのSoundflower2.0をインストールしてWebセミナーやWeb会議を録画できるようにする.

リンクはこちら

dupeGuru install for macOS 11.6.1 Big Sur

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2022/2/14 17:22
 写真アプリでiPhoneから写真を大量の重複読み込みしてしまった.そんな時に重複ファイルを見つけて削除したい.この様な場合に使うのが,depeGuruというアプリ.
 これは以前はパッケージを入手できた様だけれど,現在はgithubでダウンロードできるので入れてみた.

リンクはこちら
 喫茶店などでFree Wi-Fiが提供されることも多いが,そのフリーWiFiをNETGEAR WAC510を使って作成する.今回作成する仕様は次の通り.

Free Wi-Fi専用のSSIDを準備する
Free Wi-Fiに接続しているクライアント間での通信は行わせない
認証は行わず,利用規約を表示して同意さえるCaptive Portalを準備する
営業時間中だけFree Wi-Fiを有効にする
ネットワークのスピードは最大5Mbpsに制限する

 WAC510には,認証にfacebookを使うことができるが,今回は使わない.

リンクはこちら

Trend Micro Log4Shell診断ツールを試してみる

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2022/1/3 9:00
 Apache Log4jの脆弱性スキャンを行うトレンドマイクロのツールを使って,どのような動きをするか確認してみる.なお,利用したのはmacOS BigSur.
 なお,Safariは対応ブラウザに無いので,Google ChromeかFirefox,Microsoft Edgeを利用する.

 実際には,このツールはTrend Micro Vision OneとうEDRツールの模様.

リンクはこちら

pfによる透過的proxy実装 on Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/9/1 10:00
このドキュメントでは,macOSに標準搭載しているpf(Packet Filter)を使って,HTTP/HTTPSへの通信をローカルで動作するプロキシサーバに直接転送する仕組みを定義して実行させる.


リンクはこちら

Windows 10でAdvanced IP Scannerを使う

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/6/2 10:00
 このドキュメントでは,無料のネットワークスキャナの,Advanced IP Scannerを入手して利用してみた手順を記録する.

 米石油パイプライン企業へのサイバー攻撃でも使われた模様.

リンクはこちら
 該当マシンのコマンド実行履歴を残しておきたいことがある.scriptコマンドで取得することやターミナルソフトで記録するように設定するなど もあるが,設定を忘れても記録しておきたい場合に利用するのがプロセスアカウンティング.Linuxではpsacctがあるが,macOSではBSDベースなので?acctなので,それを利用できるように設定してみる.

リンクはこちら
 このドキュメントでは,tcpdumpコマンドを使って,Mac上で行われているDNSリクエストを調査する.
 tcpdumpは,最初から入っているかな?
利用したのは,macOS Mojave.

リンクはこちら

PowerShell 7.1.3 on Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/5/19 10:00
 このドキュメントでは,PowerShell 7.1.3をmacOSにインストールして使えることを確認する.
 利用したのは,macOS Mojave.

リンクはこちら

PowerShell CommandLet パッケージマネージャ 2021春

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/5/12 10:00
このドキュメントでは,PowerShellで,パッケージマネージャを使って,主にMicrosoft 365の管理コマンドレットをインストールする手順を説明する.

リンクはこちら

bloodhound 4.0.1 on macOS Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/4/28 10:00
 このドキュメントでは,macOS Mojave に,bloodhoundをインストールする.
 パッケージをHomeBrewを使ってインストールしていく.
 BloodHoundを動かすためには,グラフデータベースのneo4jが必要.neo4jを動かすにはJDKが必要なので,順次それらをインストールしていく.
 また,BloodHoundの動作確認用のデータ生成プログラムのneo4j-driverもいれてみるが,うまく動作しない...

リンクはこちら
 このドキュメントでは,Windows 10で現在導入されているPowerShell 5.0環境での,コマンドレット一覧を取得してみる.

リンクはこちら

fcrackzip zipcloak rockyou

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/4/14 10:00
 このドキュメントでは,パスワード付きZIPファイルのパスワードを解析するfcrackzipをmacOS Mojaveで使ってみる.そしてパスワードリストはrockyouを使う.


リンクはこちら

DNSReconをDNSレコードを調査する

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/4/7 10:00
 このドキュメントでは,DNSReconを使って指定されたドメインのDNS情報を調査する.Kali Linuxに入っているというので,優秀なツールなのだろうと思う.

リンクはこちら

Microsoft Safety Scanner 1.0.3001.0

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/31 10:00
 このドキュメントでは, Windows 10にて,Microsoft Safety Scanner 1.0.3001.0を実行してみた記録を残す.

 Microsoft Safety Scannerとは公式サイト上には次のように記載されている.

 Microsoft Safety Scannerは、Windowsコンピュータからマルウェアを検出して削除するために設計されたスキャンツールです。ダウンロードしてスキャンを実行す るだけで、マルウェアを検出し、識別された脅威によって行われた変更を逆にしようとします。

 脆弱性のあるソフトウェアを利用しているかどうかを,インストール不要で確認できる点は手軽で良い.

リンクはこちら

Sublist3r on macOS Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/29 10:00
 このドキュメントでは,高速にサブドメインを見つけるsublist3rをインストールして使ってみる.

リンクはこちら

Specture & Meltdown検証サイトを使ってみた

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/25 10:00
 このドキュメントでは,IntelのCPUにある脆弱性のSpectureととMeltdownについて検証してみるコードを実行する.

リンクはこちら

xquartz on macOS Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/19 10:00
このドキュメントでは,HomeBrewを使ってX Window Systemのxquartzをインストールする.そして,xnekoをmakeして動かすまでの手順を説明する.

リンクはこちら

smartmontools on macOS Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/18 10:00
 このドキュメントでは,HomeBrewを使ってsmartmontoolsをインストールし,ストレージのS.M.A.R.T.値を確認する.

リンクはこちら

git for windows on Windows 10

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/17 10:00
 このドキュメントでは,Windows 10に,git for windowsを入れてみる.そしてて動作確認のために,Microsoft Visual Codeをcloneしてみる.cloneするだけ.
 githubに公式ツールみたいなのがあるのかと思ったけれど,このGNUライセンスで提供されているgit for windowsがスタンダードな模様.他のSVNなどのリポジトリなどと統合するためには別のツールがあるようだが.

リンクはこちら

SMBMap

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/16 10:00
このドキュメントでは, ネットワーク内のアクセス可能なSMB共有の一覧を取得したりアクセスするツール,SMBMapをインストールして使ってみる.
 利用したのは,macOS Mojave.

SMBMap
リンクはこちら

oletools on macOS Mojave

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
ujpblog 2021/3/15 10:00
このドキュメントでは,Microsoft Office文書ファイルを分析する,oletoolsをインストールして,マルウェアを入りのExcelマクロファイルを分析してみる.
なお,oletoolsはPythonで作られているので,Python環境とpipが準備されている必要がある.

リンクはこちら
 このORA-01438というキーワードで検索してくる人も多いのですが,基本は設計不足が原因です.

Linkはこちら
 Oracle 11g Express Editionを使っていて,テーブルにのカラム名を変更しようとしたら,ORA-14155という謎のエラーがでたので,その対処方法.

Linkはこちら

Oracleユーザのパスワード有効期限を検証

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2016/7/11 0:36
 Oracle 10gあたりから,Oracle database上のユーザアカウントに有効期限がつく様になっている.その設定内容を確認した上で,変更したり無期限に設定したり,ORA-28002エラーに対処する方法を説明する.

Linkはこちら
 Oracleでインデックス作成時間とかデータバックアップ時間とかを計測するときに,ダミーデータが必要なときがある.それも大量に.ここでは,scott/tigerのempテーブルをサンプルテーブルとして,シンプルなやり方でデータを大量に作成してみる.
 また,シーケンスのリセットも行っている.

 なお,empテーブルはutlsampl.sqlを実行してscottユーザと共に作成されている事を前提とする.

 シリアル番号を生成するためにOracle特有のシーケンスを使っている.  今回は,Oracle 11g Express Edition(XE)を使っている.

Linkはこちら

Oracle XEのデータベースをSJISで作り直す

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2016/6/21 1:55
 WindowsにOracle XEをインストールする際に文字コードなどを指定する部分がないので,Unicode(UTF-8)でインストールされてしまう.これをSJISに変更したい場合,データベースの作り直しが必要となる.
 このドキュメントでは,現在の文字コードを調べたあと,文字コードをSJISに変更する手順を説明する.
なお,SJISのデータベースを作成する手順となっているが,UTF8のデータベースを作成する時も手順としては同じである.

Linkはこちら

ゴミ箱のMerpAD Database Daemonファイル

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2016/6/1 22:22
 Office 2011の入ったMacOS Xを再起動すると,ゴミ箱にRecovered filesというフォルダとMerpAD Database Daemonというファイルが入っている.これは,Microsoft Error Reporting(Microsoft エラー報告ツール)というアプリが作成しているゴミなので,それが作られないように設定を変更する.

Linkはこちら
 このドキュメントでは,2台目の筐体になった初めてのMac Mini 2010 midモデルに,SSDを増設しする手順を写真で確認する.
 このモデルは,メモリの増設は誰でも出来るレベルに簡単なのだが,逆にHDDは難易度が高い.筐体がギリギリで作成されているからか,これまで見た事無かったHDDへ温度センサーが貼付けてある等,気をつけなければ成らない箇所も多い.  今回は分解に時間をかけて確認して行く.

・はじめに
・作業前の準備物
・HDDを取り出す
・crucial MX200 SSD
・MX200に温度センサーを移植する
・MacOS Xの再インストール
・温度を計測
・OSの起動時間を計測

Linkはこちら
 Hyper-V Server 2012 R2にはGUIが付いていないので諸設定を行う場合にはリモートサーバ管理ツール(Remote Server Administrator Tool:略称RSAT)を利用する.このRSATはWindows 8.1およびWindows 8で動作する.Windows 7以下用のものは用意されてない.  今回はWindows 8.1 Enterprise評価版に,このRSATをインストールする.

Linkはこちら

Oracle 12cをWindows Server 2008にインストールする

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2014/2/11 0:35
 Oracle 12cのcはCloudの事らしいけれど,それよりは足もとのセキュリティ関連が強化された事のようです.強化と言う程でもなくてデフォルト値をちゃんとした!というのが正しいのかな.

Linkはこちら

RTX1100でDHCPコントロール

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2012/9/13 13:27
 このドキュメントでは,RTX1100(RTX1500)にて,DHCPを利用する手順を説明する. この手順の中では,サーバの有効化,重複配布のチェック間隔,複数スコープの設定,予約アドレスによる固定配布,予約以外のDHCPクライアントの取り扱い(配布しない,アクセス制限を行う)等について説明する. RTX1100,RTX1500で実装されている「DHCPサーバー機能とMACアドレスフィルタの併用」機能についてファームウェア Rev.8.03.24以降が必要となる.

Linkはこちら

PCTFREE

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2011/2/24 0:31
 辞書でPCTFREEと調べてもでていない.造語.

「パーセントフリー」という意味で,OracleでVARCHAR2等の可変データ型を使う時に,余分に空白取っておく割合の事.

 多すぎると無駄になるし,少ないと行移行が発生してとても効率が悪い...

 このドキュメントでは,PCTFREEを理解する為に行移行のロジックを図解で説明する.

Linkはこちら

RAID

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2011/2/24 0:31
 家庭用としても一般的になったRAIDですが,その正確なところを知らないで使っている場合も多い..
 このドキュメントではRAID1,RAID2,RAID3,RAID4,RAID5,RAID10といった冗長構成についてのディスクアレイの仕組みと,冗長化を持たず高速化やラージストレージの構成を目指すRAID0等について,概念図を用いて説明する.

Linkはこちら
 このドキュメントでは,Oracle 11g R2を64bit版Windows 2008 Web Editionにインストールする手順を説明する. なお,使用するOracle 11g R2は,OTN(Oracle Technology Network)で入手できる試用版である為,最新版は製品版と異なる可能性がある. 試用版でインストールを続ける場合に WFMLRSVCApp.earが無いエラーが出る場合は,その対処方法も記してある.

Linkはこちら

ORA-01630 一時セグメントで最大エクステント

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2010/11/12 9:29
 これも良くあるOracleのエラーです.

Linkはこちら

ORA-01632 最大エクステントnnnに達しました

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2010/11/12 9:29
 古いOracleで良くあるエラーです.

Linkはこちら

ヤマハのルータにSSHで接続する設定

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2009/1/9 12:15
 このドキュメントでは,ヤマハのルータRTX1500/RTX1100/RTX1000/SRT100/RT107eにて,SSHで接続する手順を説明する.

0.改訂履歴
1.はじめに
2.ユーザを作成する
3.SSHサーバのホスト鍵を作成する
4.SSHサーバの基本設定と起動
5.SSHでRTXに接続する

Linkはこちら

sftp scp接続を許してsshを許さないscponly

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2008/7/9 0:16
 このドキュメントでは,scponlyを導入する手順を説明する. scponlyとは,ログインを許さなずにscpおよびsftpによるアクセスを許可する制限付きシェルである. また,オプションにより自分のホームディレクトリ以外に移動できないchroot機能を利用する設定も可能である.

Linkはこちら

YAMAHA RTX1100でよく使うコマンド

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2007/10/22 19:52
 このドキュメントでは,YAMAHAのルータRTX1100で良く使うコマンドの使用例を表示する.

Linkはこちら

RTX1100で高負荷トラフィッククライアントを捜す

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2007/10/10 15:48
 このドキュメントでは,RTX1100を利用しているネットワークで,急にネットワーク接続が遅い,切れる現象が発生したときに,ネットワークトラフィックを増加させているPCを特定する手順を説明する. show environmentコマンドで状況を確認し,nat descriptorの状態を確認して特定にはいる. よって,NATされている環境で利用できる方法で,アドレステーブルを表示し大量通信を行っている PCを特定し,切り離し,アドレステーブルをリセットして対応する手順となる.

Linkはこちら

RTX1100 RTX1500でLANインタフェイス動作タイプの設定

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2007/7/2 20:14
 このドキュメントでは,YAMAHAのRTX1500(RTX1100)にて,LANインタフェイスの動作タイプ(全二重(full duplex)・半二重(half duplex))を固定で定義す手順を説明する. 何もしなければ,自動認識されるのだが,上位ネットワーク機器との相性などで,想定しない方法で接続されることがあり,思っているよりは通信速度が確保できないことがある.  よって強制的に思った通りの動作タイプに設定する.

Linkはこちら

PHP5.2をRedHatES3.0のApache1.3環境にインストール

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2007/1/10 18:24
 このドキュメントでは,RedHat ES3.0 Update 8上で,Apache 1.3.37上にて,PHP5.2が利用できるようにする手順を説明する. MySQLやGD等と共に,configure中に"configure: error: libxml2 version 2.6.11 or greater required."がでてすんなりインストールできない事に対応する手順や,PHP.INIのexpose_php,mbstring,upload_max_size等についても説明する.
  また,前提条件としてApache1.3.xとMySQLクライアントがインストールされている必要がある.

Linkはこちら

USB外付けHDDをRedHat Linuxでマウントする

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2006/11/8 20:10
このドキュメントでは,RedHat WS3.0で稼働するマシンに,USBハードディスクを接続してファイルシステムをマウントし,利用できるように設定する手順を説明する. syslog やdmesgコマンドで認識状況を確認し,USB-HDDはMass Stroage Classとして認識され,SCSIデバイスとして扱われる.

Linkはこちら

RTX1100のファームウェアをアップデートする

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2006/6/19 15:56
 このドキュメントでは,TFTPを使ってYAMAHAのルータRTX1100のファームウェアのバージョンアップ手順を説明する. 此処で使用するのはMacOS X版のtftpツールで,YAMAHAのサイトから入手して実行する.



Linkはこちら

YAMAHA RTX1100最初にやること

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2006/6/19 15:54
 このドキュメントでは,YAMAHA VPNルータを設定していく手順を説明する. ここでは,ログインと管理者ユーザのパスワード設定と,日付時刻とタイムゾーン,TELNETでの接続許可設定等の基本的な設定を行う.

Linkはこちら

ORA-01658でexpが失敗

カテゴリ : 
新着
執筆 : 
 2005/10/12 18:33
このドキュメントでは,ORA-01658エラーの対処手順を説明する. 利用してるOracleは,RedHat 6.2で稼働しているOracle8i 8.1.5.0.1である. OSもハードも古いものなのでサーバ移転を行い,撤去を依頼されたんでexpコマンドでフルバックアップをとろうとしたら,このエラーが発生した. なんでもこのOracleは,稼働中にも関わらずファイルコピーでバックアップを取得ていたので,これまでオンラインバックアップ,RMANはおろかexportさえも行っていなかったとの事.  ORA-1658エラーはテーブルスペースの容量不足が問題なので,それを確認して増やす手順となっている.

Linkはこちら

広告スペース
Google