UJP - コマンドラインでWebページのキャプチャーを取る MacOS X 10.4編

I hope this helps.

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ Image Library の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

技術新着情報 - コマンドラインでWebページのキャプチャーを取る MacOS X 10.4編

コマンドラインでWebページのキャプチャーを取る MacOS X 10.4編

カテゴリ : 
Language/Develop » Image Library
執筆 : 
 2010/11/12 9:30
 このドキュメントでは,コマンドラインでWebページをキャプチャーして画像ファイルに保存するweb2pngのインストールと利用方法の手順を 説明する. web2pngは,Safari等で使われているWebKitのCライブラリにPyObjCというObjective Cとのブリッジを行うライブラリを使用して,Pythonというスクリプト言語でアクセスして動作する.
 今回利用した環境はMacOS X 10.4.11で,Xcodeがインストールされており,PythonはインストールされているがPyObjCは無いのでインストールする.
0.改訂履歴
1.はじめに
2.プログラムの入手
3.PythonとPyObjCの環境の確認
4.PyObjCのインストール
5.Webページのキャプチャを取る

Linkはこちら

トラックバック


広告スペース
Google