UJP - 鬼怒川温泉その4 日光東照宮と眠り猫とチケットシステム

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

ブログ - 鬼怒川温泉その4 日光東照宮と眠り猫とチケットシステム

鬼怒川温泉その4 日光東照宮と眠り猫とチケットシステム

カテゴリ : 
趣味 » 神社・寺
ブロガー : 
ujpblog 2009/9/13 23:00
 鬼怒川温泉駅前のニッポンレンタカーでデミオを借りて,日光東照宮まで行きました.
 中禅寺湖に抜ける国道120号線で一時片側通行となる「いろは坂」を通ります.いろはにほへと〜と同じ48回のカーブのあるそうで,嫁さんが運転しながら「ち!」と叫んでいるので何を言っているのかときいたら,カーブ毎に「い」「ろ」「は」の道路標識が出てました. この坂は10月頃の紅葉の時季は2時間程度かかる道のりのようで,明智平で野生猿が餌をほしがって人間を襲う被害が良く報道される場所らしいです.

 車で40分の道のりと書いてありましたが,坂を抜けるとその通りに日光東照宮に到着.駐車代金は500円固定. まずは徳川家康が奉られている東照宮の表参道から一ノ鳥居,五重塔,表門と通り,神厩舎(きゅうしゃ)には白馬がおり,有名な見ざる言わざる聞かざる等もするりと見て回りました. 象徴的に使われる陽明門ですが,意外と小さいので,写真を取るのが難しいです.人間が邪魔だし.しかしその細工は鮮やか. こんなにカラフルな色使いは他の神社系ではあまり無い様におもいます.

 二社一寺で日光東照宮,二荒山神社,輪王寺からなる広いエリアになるのですが,共通券を買えば1000円ですが,そのチケットはここに来る前の日光駅あたりでしか売ってなく,現地で買うとチケットは1300円が最低価格で,眠り猫付きものを購入.

 眠り猫,事前情報でプラス300円払う価値はないときいていたけど,これほどまでに小さいとは! さらに調べると「眠り猫は,名匠 左甚五郎作・・・といわれているけど真偽不明」という位置づけ! 別料金じゃなかったらここまで怒りは無いんだけど.最初から1300円とすれば良いのに!
 しかし眠り猫のゲートの奥に徳川家康のお墓がある奥社に続くので,そこまで行くにはこれを通過しなければ行けません.
 という事で向かった奥社ですが,通常でも20分かかるそうですが,なんだか207段ある階段の,最初の方で進まない大行列でだったのと,参拝が終わって帰って来る人々が口々に「並んでまで見るもんじゃない」と言っているので,5分程並んで考えて取りやめしました.

 もし最初に1000円のチケットを買っていて後から眠り猫+奥社を付けるとプラス520円で,520円分のガッカリがおまけに付いてくるようです.

 混雑してなかった?せいもありますが,東照宮の見所は,60分程で一通り観たので次を二荒山神社か日光山輪王寺のどちらにするか考えたのですが,駐車場に近いということで輪王寺にしました.

 が,メインの大きな仏像が入っている三仏堂は別料金となっていたので,アホらしいので止めて帰りました.

 なんだかチケットシステムが複雑で,持っているチケットで見れる見れないも良くわからないし,見れるかな?とおもったら「別料金です」と言われてそそくさと退散するのもかっこわるいしかといって別料金払ってもショボイです. 水戸黄門の印籠の様な全部OK状態になるには,2700円だそうです.

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

広告スペース
Google