UJP - Red Hat 7.6 install on VirtualBox 6.0 その4 IPアドレスを設定する

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ ハウツー の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - Red Hat 7.6 install on VirtualBox 6.0 その4 IPアドレスを設定する

Red Hat 7.6 install on VirtualBox 6.0 その4 IPアドレスを設定する

カテゴリ : 
ハウツー
ブロガー : 
ujpblog 2019/1/20 2:58
 インストールした直後だと,ネットワークインタフェイスの設定が行われてないので,IPアドレスを付与する.

 まずは現状を確認.
[root@localhost ~]# ifconfig -a🆑
-bash: ifconfig: コマンドが見つかりません
[root@localhost ~]#
 残念.ifconfigコマンドが入ってない.ip aを実行する.
[root@localhost ~]# ip a🆑
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp0s3: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group
 default qlen 1000
    link/ether 08:00:27:e9:79:7e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
[root@localhost ~]#
 インターフェイス名がenp0s3だとわかった.ネットワーク設定を確認する.
[root@localhost ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/🆑
[root@localhost network-scripts]# ls
ifcfg-enp0s3🈁     ifdown-eth   ifdown-routes  ifup-aliases  ifup-plip    ifup-tunnel
ifcfg-lo         ifdown-ippp  ifdown-sit     ifup-bnep     ifup-plusb   ifup-wireless
ifdown           ifdown-ipv6  ifdown-tunnel  ifup-eth      ifup-post    init.ipv6-global
ifdown-Team      ifdown-isdn  ifup           ifup-ippp     ifup-ppp     network-functions
ifdown-TeamPort  ifdown-post  ifup-Team      ifup-ipv6     ifup-routes  network-functions-ipv6
ifdown-bnep      ifdown-ppp   ifup-TeamPort  ifup-isdn     ifup-sit
[root@localhost network-scripts]#
 ifcfg-enp0s3ファイルが存在していることを確認.中身を見てみる.
[root@localhost network-scripts]# cat ifcfg-enp0s3🆑
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=enp0s3
UUID=d4ece240-2c61-4122-bdfb-35dc9d93262c
DEVICE=enp0s3
ONBOOT=no
[root@localhost network-scripts]#
 IPv4がOFFでIPv6が活性化されてDHCPになりつつ,起動時にインタフェイスが有効化されてないので,次のように設定する.
[root@localhost network-scripts]# cat ifcfg-enp0s3🆑
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
#BOOTPROTO=dhcp
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
#IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
#IPV6INIT=yes
IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=enp0s3
UUID=d4ece240-2c61-4122-bdfb-35dc9d93262c
DEVICE=enp0s3
#ONBOOT=no
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.20.51
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.20.1
DNS1=192.168.20.1
[root@localhost network-scripts]#
 OSをシャットダウンする.
[root@localhost network-scripts]# showdown
 次に,仮想マシンの設定をNATからブリッジに変更する.


 現在はNAT.IPアドレスをホストマシンと共有していることになる.


 仮想マシンにもIPアドレスを付与するのでブリッジとなる.

 OSを再起動して,IPアドレスを確認する.

トラックバック


広告スペース
Google