UJP - 死亡判定

I hope this helps.

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ ビジネス の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 死亡判定

死亡判定

カテゴリ : 
ビジネス
ブロガー : 
ujpblog 2015/7/17 23:56
 タイトルはびっくりだな.

 えっと,この前初めて伊勢海老の活造りを食したのです.選んで注文したのではなく,ホテル宿泊に付属していたディナーコースに含まれていたというもの.
 調理場でさばいて尻尾の部分はもう切ってある状態なんだけれど,頭の部分はまだ手やハサミが動いたり口の部分から泡がでたりしている.そしてそれが徐々に力尽きて動きが鈍くなるんだけれど,食べ終わってしばらく経過してもまだ動いていた.たぶん10分くらいは動いていたと思う.そして,食べている後半にも尻尾がピョンと動いたので活きが良いのかな?エビの気持ちからすると痛いんだろうなぁと思っていたのだけど,よく見たら尻尾部分は胴体と切り離されていた.

 つまり切り離された尻尾が動いたのは脳からの命令とは違う何かしらの反応なわけで,そう考えると切り離されてない胴体部分でしばらく稼働していた部分も,実は意識のある中の脳からの信号による反応では無い可能性がある.

 皿の上で切断されて動いているから生きているように見えても,生きてない場合がある.あるいは,逆に動かないからといって死んでいるとも限らない.息絶えるまでに時間もかかる.

 今日聞いた話は,
 むかしデジキューブという会社があって倒産発表したのだけれど,清算するまでに1年かかったと聞いたそうだ.(今調べたら2年半のようだ) 全国のコンビニにキオスク端末をおいていたのでそれを回収したり資産算定したりで後片付けに1年かかったのだそうだ.清算は会社がなくなるけれど,倒産は

トラックバック


広告スペース
Google