UJP - 2008 13inch 2カテゴリのエントリ

不正IP報告数

Okan Sensor
 
メイン
ログイン
ブログ カテゴリ一覧

  • カテゴリ 2008 13inch 2 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 2008 13inch 2カテゴリのエントリ

venusサーバでS.M.A.R.T.値

カテゴリ : 
Apple » MacBook » 2008 13inch 2
ブロガー : 
ujpblog 2021/3/2 16:47
 smartmontoolsをインストールして診断してみた.

[venus:server 16:32:39 ~ ]
$ smartctl -a /dev/disk0s3🆑
smartctl 7.2 2020-12-30 r5155 [Darwin 17.7.0 x86_64] (local build)
Copyright (C) 2002-20, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family:     WD Blue / Red / Green SSDs
Device Model:     WDC  WDS500G2B0A-00SM50
Serial Number:    1920338xxxxx
LU WWN Device Id: 5 001b44 8b857a1d9
Firmware Version: 401000WD
User Capacity:    500,107,862,016 bytes [500 GB]
Sector Size:      512 bytes logical/physical
Rotation Rate:    Solid State Device
Form Factor:      2.5 inches
TRIM Command:     Available, deterministic, zeroed
Device is:        In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is:   ACS-4 T13/BSR INCITS 529 revision 5
SATA Version is:  SATA 3.3, 6.0 Gb/s (current: 3.0 Gb/s)
Local Time is:    Tue Mar  2 16:32:52 2021 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

General SMART Values:
Offline data collection status:  (0x00)	Offline data collection activity
					was never started.
					Auto Offline Data Collection: Disabled.
Self-test execution status:      (   0)	The previous self-test routine completed
					without error or no self-test has ever
					been run.
Total time to complete Offline
data collection: 		(    0) seconds.
Offline data collection
capabilities: 			 (0x11) SMART execute Offline immediate.
					No Auto Offline data collection support.
					Suspend Offline collection upon new
					command.
					No Offline surface scan supported.
					Self-test supported.
					No Conveyance Self-test supported.
					No Selective Self-test supported.
SMART capabilities:            (0x0003)	Saves SMART data before entering
					power-saving mode.
					Supports SMART auto save timer.
Error logging capability:        (0x01)	Error logging supported.
					General Purpose Logging supported.
Short self-test routine
recommended polling time: 	 (   2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time: 	 (  10) minutes.

SMART Attributes Data Structure revision number: 4
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
  9 Power_On_Hours          0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       5465🈁
 12 Power_Cycle_Count       0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       2434
165 Block_Erase_Count       0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       70714123
166 Minimum_PE_Cycles_TLC   0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       1
167 Max_Bad_Blocks_per_Die  0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       24
168 Maximum_PE_Cycles_TLC   0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       41
169 Total_Bad_Blocks        0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       251
170 Grown_Bad_Blocks        0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
171 Program_Fail_Count      0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
172 Erase_Fail_Count        0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
173 Average_PE_Cycles_TLC   0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       9
174 Unexpected_Power_Loss   0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       8
184 End-to-End_Error        0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
187 Reported_Uncorrect      0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
188 Command_Timeout         0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
194 Temperature_Celsius     0x0022   067   045   ---    Old_age   Always       -       33 (Min/Max 18/45)
199 UDMA_CRC_Error_Count    0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       0
230 Media_Wearout_Indicator 0x0032   001   001   ---    Old_age   Always       -       0x0137005a0137🈁
232 Available_Reservd_Space 0x0033   100   100   004    Pre-fail  Always       -       100
233 NAND_GB_Written_TLC     0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       4593
234 NAND_GB_Written_SLC     0x0032   100   100   ---    Old_age   Always       -       9286
241 Host_Writes_GiB         0x0030   253   253   ---    Old_age   Offline      -       8637
242 Host_Reads_GiB          0x0030   253   253   ---    Old_age   Offline      -       4966
244 Temp_Throttle_Status    0x0032   000   100   ---    Old_age   Always       -       0

SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged

SMART Self-test log structure revision number 1
No self-tests have been logged.  [To run self-tests, use: smartctl -t]

Selective Self-tests/Logging not supported

[venus:server 16:32:52 ~ ]
$
 
 稼働時間が5465時間となっているけれどMacBook 2008 LateにHigh Sierraを入れてみたのが590日前だからか,そんなもんかな.

 Media_Wearout_Indicatorが気になる.初期は100から使っていくと減ってきて0になったら終わり,らしいのだけどこの数値はさっぱりわからん.
 それよりも,Total_Bad_Blocksが251となって胃が,この数値を追いかけたほうがいいのかなぁ...

SpamAssasinにホワイトリスト設定

カテゴリ : 
Apple » MacBook » 2008 13inch 2
ブロガー : 
ujpblog 2021/1/27 12:21
 当サイトへの不正ログインモニタリングの通知メールが,SpamAssasinによってスパム扱いを受けるようになった.



 スパムヘッダはこれ.

X-Spam-Flag: YES
X-Spam-Score: 7.269
X-Spam-Level: *******
X-Spam-Status: Yes, score=7.269 tagged_above=2 required=6
	tests=[BITCOIN_SPAM_07=3.499, BITCOIN_XPRIO=0.001,
	FORGED_SPF_HELO=2.297, NORMAL_HTTP_TO_IP=0.001,
	NUMERIC_HTTP_ADDR=0.001, PDS_BTC_ID=0.498, SPF_HELO_PASS=-0.001,
	SPF_SOFTFAIL=0.972, URIBL_BLOCKED=0.001]
	autolearn=no autolearn_force=no
 不正ログイン通知の検知本文情報によるのかなぁ.
 設定ファイルは以下の通り.
$ locate spamassassin|grep local.cf🆑
/Applications/Server.app/Contents/ServerRoot/private/etc/mail/spamassassin/local.cf.default
/Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf
/Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.default
/Library/Server/Mail/Data/scanner/spamassassin/3.004001/updates_spamassassin_org/local.cf
$
 どれだ?!
 タイムスタンプを確認.
$ ls -la /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf🆑
-rw-r--r-- 1 root wheel 2725  5 16  2020 /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf
$ ls -la /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.default
-rw-r--r-- 1 root wheel 2706  9 13  2018 /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.default
$
 差分を確認.
$ diff /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.default /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf🆑
99a100,101
>
> required_hits 6.0
$
 macOS Serverの管理画面を確認.


 サーバの設定を見ると,スコアが6.0なので一致.

 ホワイトリストを設定するため,まずは現在設定をコピー.
$ sudo cp -p /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.20210127🆑
$ ls -la /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf*
-rw-r--r-- 1 root wheel 2725  5 16  2020 /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf
-rw-r--r-- 1 root wheel 2725  5 16  2020 /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.20210127🈁
-rw-r--r-- 1 root wheel 2706  9 13  2018 /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf.default
$
 ホワイトリストにしたいメアドやドメインを登録.
$ tail /Library/Server/Mail/Config/spamassassin/local.cf
# shortcircuit BAYES_00                ham

endif # Mail::SpamAssassin::Plugin::Shortcircuit


required_hits 6.0

whitelist_from *@xxxxx.or.jp
whitelist_from *@yyy.jp
whitelist_from *@mail.xxx.jp
$
 これで様子見かな.

メールサーバの移行

カテゴリ : 
Apple » MacBook » 2008 13inch 2
ブロガー : 
ujpblog 2021/1/5 11:56
 メールサーバの移行に際して,行ったこと.

  • 新規サーバを構築する
  • 新規FQDNを使ってメールの送受信の動作確認
  • メールデータの移行

     移行先のメールボックスは実質10個くらいだったので,IMAP4でもあるし新旧のメールサーバにメールアプリで接続して手で移動してみた.
     システムイログやらメルマガやら15年分のメールがあるので数が多い.最終的に移動したメールでは6万件もあったものがある.
     Apple Mailだと1000件毎に移動させている分には問題ないが,5000件くらいを一気に移動しようとするとレインボーがでて空回りして暴走.Thunderbirdは1万件くらいで問題ないことがわかりました.
     移行しつつ,絶対いらないメールとかは適宜削除しながら...

  • 読んでないメルマガの解約
     ちょっと放置していたのもあるけれど,Yahoo!オークションのために用意していたメールアドレスに,Yahoo!の新サービスからのメールがたくさん.50種類くらいのものが来ていて,一括削除できない...1つつづメールのフッタにある「解約」を押して毎回ログインさせられ解約ボタンを押して行く作業.

     あまりにもメールが多いので?解約を繰り返していると途中からCAPTCHA認証がでてくるようになった.


     ロボット的に解約しているからなぁ,
     ロボット的だと思って自動的に出てくるようになったのか,メルマガのサイト毎に実装されているところとそうでないところがあったのかは,不明.なんせ解約祭りのスピードが遅くなる事に閉口.

  • MXレコードは1時間くらい
     10年くらい前までは,DNS変更は伝搬のタイミングがあるので1.5日くらいを計画に入れていたけれど,今回の実績だと1時間程度の模様.これ,重要.
  • Error: nginx: no bottle available!

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2021/1/3 23:38
     nginxをbrewから落としてこようとしたら,エラーになった.

    引用:
    Warning: You are using macOS 10.13.
    We (and Apple) do not provide support for this old version.
    You will encounter build failures with some formulae.
    Please create pull requests instead of asking for help on Homebrew's GitHub,
    Twitter or any other official channels. You are responsible for resolving
    any issues you experience while you are running this
    old version.

    Error: nginx: no bottle available!
    You can try to install from source with e.g.
    brew install --build-from-source nginx🈁
    Please note building from source is unsupported. You will encounter build
    failures with some formulae. If you experience any issues please create pull
    requests instead of asking for help on Homebrew's GitHub, Twitter or any other
    official channels.
     OSが古いからボトルは置いてない.コンパイルしろって.
     仕方ないのでソースからコンパイル.

    ...続きを読む

    High Sierra上のメールサーバのログ

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2021/1/3 17:55
     High SierraにServer.appでメールサーバをオンにすると,/var/log/mail.logを使わなくなる.
     場所やフォーマットが変わる.

    venus:Mail server$ pwd🆑
    /Library/Logs/Mail
    venus:Mail server$ grep "no auth attempts" mail-info.log|more
    
     とりあえず,変なIDでログイン試行していくるIPはこれで特定できそうだ.
     そして既存のアカウントへのログイン失敗は,このログをウォッチすれば良い模様.
    mail-err.log
    

    macOS High SierraへのHomeBrew環境整備2

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2021/1/3 13:21
     追加でパッケージを追加.
    git clone http://github.com/possatti/pokemonsay
    brew install figlet
    brew install mrtg
    
     どうもApple Siliconがリリースされた影響か? configureから実行されるので全コンパイルが走る.マシンが古いせいもあるけれど,12時間くらいかかった.

    もしかしてOpenSSLの脆弱性とかが関係あるのか・・・?

    macOS High SierraへのHomeBrew環境整備

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2020/5/17 14:57
     新たに環境を作ろと思って,再度HomeBrew環境を整理.
    brew update
    brew install tree
    brew install wget
    brew install cask
    brew install gnu-sed
    brew install coreutils
    brew install imagemagick
    brew install openjpeg
    brew install fontconfig
    brew install nkf
    brew install cowsay
    brew install ffmpeg
    brew install httpd
    brew info mariadb
    brew install mariadb
    brew install mysql-connector-c
    brew install  mariadb-connector-c
    
     そして1年前に比べると,Java環境が変わっていました.
     Jenkinsを導入しようとすると,JavaのJREが必要なのですが,Oracle JavaじゃなくてIBM系のAdoptOpenJDKになっていました.

    AdoptOpenJDK
    https://adoptopenjdk.net

    brew cask install homebrew/cask-versions/adoptopenjdk8
    brew install jenkins
    
     そしてPHP7.2も.
    brew install php@7.2
    
     1年前はPHP7.2.17でしたが,7.2.31で,これは5月14日にリリースされたばかりの模様.今年の11月末に7.2のサポートは切れるそうです.

    MacBook 2008 LateにHigh Sierraを入れてみた

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2020/5/16 14:01
     件名の通り,12年前発売のMacBook 2008 Lateに,3年前にリリースされたOSをインストールしてみました.


     本来は対象外の機種なのでインストールできないけれど,パッチを適用したOSインストーラを用意して,インストールを行えば良いです.
     
    macOS High Sierra Patcher Tool for Unsupported Macs
    http://dosdude1.com/highsierra/

     昔ダウンロードしておいたHigh Sierraのインストーラは,証明書の期限切れで利用できず.ただし,Patcherを使うとダウンロードできます.

     12年前のマシンとはいえ,サーバ利用だったので見た目は綺麗だし液晶に不具合もなくメモリも8GBで,SSD 512GBに交換しているので,そこそこ快適に動作してますが,OSが古いとWebブラウザのSafariのバージョンが古く,インターネットができません.

     昔はブラウザが古いとレイアウトが崩れて見るに耐えない状態があったけれど,現在はTLSが古いとアクセス自体を禁止しているページも多く,そうなるとアクセスすらできない.
     LinuxをいれるとかWindowsを入れるとか考えたけれど,動くならこれが一番現実的かなと思いm,High Sierraにしました.

     とにかく,セットアップに時間がかかったけれど,これでしばらく使えそうです.
     今回はずいぶん呑気な話.そして偶然にも助かった件.

     Time Machineを使ってバックアップを設定しているサーバに,前のハードディスクが壊れたので,新しくカクうす HDPX-UTA1.0Kという外付けHDDを交換したのが2017年2月8日.なので2年4ヶ月ほど前.そこからだ.

    ]

     4ヶ月は動いていたようだけれど,その後2年間,バックアップができていなかった.問題は,mdsというSpotlightの全文検索インデックス作成の失敗. 

     Time Machineはそのバックアップ先のストレージ空き容量は監視していたけれど,こうなると最終バックアップの実行日時を取得して,止まっているようだったらアラートをあげる的な仕組みが必要かな.

    MacBook Proをセットアップ その2

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2018/2/4 18:56
     HomeBrewでインストールしたパッケージに関連するパスを設定.MANPATHも.

    export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/gnu-sed/libexec/gnubin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/coreutils/libexec/gnubin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/apr-util/bin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/apr/bin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/gettext/bin:$PATH"
    export PATH="/usr/local/opt/curl/bin:$PATH"
    
    export MANPATH="/usr/local/opt/gnu-sed/libexec/gnuman:$MANPATH"
    export MANPATH="/usr/local/opt/coreutils/libexec/gnuman:$MANPATH"
    export MANPATH="/usr/local/opt/gnu-tar/libexec/gnuman:$MANPATH"
    
     MANPATH設定してもマニュアルなんて見ないような気がするけどね.インターネットがあるからさ.

    MacBook Proをセットアップ

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2018/1/31 1:12
     エンジニアっぽい環境を作るためにインストールしたものメモ.パッケージマネージャはHomeBrewです.
    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
    brew install tree
    brew install wget
    brew install curl
    brew install cask
    brew install gnu-sed
    brew install coreutils
    brew install imagemagick
    brew install openjpeg
    brew install fontconfig
    brew install nkf
    brew install homebrew/apache/httpd24
    brew install gnu-sed
    brew install gnu-tar
    brew install openjpeg
    brew install inetutils
    brew tap
    brew tap homebrew/apache
    brew cask install java
    brew cask install iterm2
    
     今回,inetutilsが追加.macOS High Sierraからは,TELNETとFTPを喋るコマンドラインツールが排除されたので,それらを入れるため.iTerm2があればいいんじゃないかと思うけれど,まだまだTELNET/FTPは必要です.うちのYAMAHA RTX1100に接続するにはTELNET必要だしね.

    MacBook修理その2

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2009/10/17 23:00
     修理したMacBookが返ってきました.


    1.8日にAppleStoreで注文
     Storeといってもオンライン店舗で嫁さんの許可を取って深夜に注文.

    2.10日午前中に到着
     サーバOSを入れる為にDVDメディアを入れたら,高周波の異音が.

    3.13日の午前中に電話
     連休が明けてから電話連絡.
     前回書いた通り,電話かけて24分弱で手続き終了.

    4.ステータスメール到着
     電話が終わってから30分以内くらいに修理依頼を受け付けたとメールが到着.

    5.15日の午前中に集荷
     この時,クロネコでしたが専用の箱が未だ届いてないということで,名刺サイズの受取チケットを置いて本体だけ持って帰りました.

    6.16日の17時
     修理完了して配送したとメールが到着.

    7.17日の午前中
     修理から戻ってきました. 修理伝票を見るとドライブ異常音が確認され,交換したとかいてありました. ドライブの交換だけならすぐですが,最初に電話した時に聞いたのですが,その他の部分も一通りテストするのだそうです.(その家庭でHDDの中身が消える可能性もあるので,説明を受けた後同意が必要)


     アップルが利用している業者は昔は福山通運でしたが,今はクロネコヤマトで,今回ノートパソコン輸送船用の梱包状態を初めて見たのですが,最低限の資材で十分な精密機械のガードが行われていますね.感心しました.

     色々なものを修理してきましたが,ツインバードとアップルは好印象です. 三洋電機も少し保証期間切れている洗濯機を無料で修理してくれた事があるので気持ちよかったなぁ.

    MacBook修理

    カテゴリ : 
    Apple » MacBook » 2008 13inch 2
    ブロガー : 
    ujpblog 2009/10/13 12:24
     オンラインのAppleStoreでMacBookを2台購入し,先週土曜日10/10に届いたのですが,うち一台のDVDドライブにメディアを挿入すると異音が・・・

     異音は高周波の不快な回転音で明らかにおかしく,同じ機種が2台あって正常状態と比べられるので,Appleに修理を依頼する事にしました.
     Appleの初期不良交換は初めてです.DE×Lは初期不良に頻繁に遭遇しましたね...

     電話で修理サポートに電話すると「iPodの方は1を.iPhoneの方は2を.その他の方は3を」という音声ガイダンスが流れます. Macは「その他」扱いか・・・

     結局電話が通じてから手続きが終わるまで23分28秒かかりました.
     システム構成等を確認する為にシリアル番号が必要なのですが,アップルメニューから[詳しい情報]ボタンを押してシステムプロファイラを呼び出し,ハードウェアを選択するとシリアルが表示されるので,これを準備しておくと良いでしょう.(OSが起動する場合に限られますが)
     実際の修理ですが,次の様な2つの選択肢が有りました.

    1.銀座か渋谷のアップルストアに持ち込むと,修理が必要かどうか判断してもらえる.
    2.そのまま修理工場に送っても修理が必要と判断されない場合がある.

     店舗のある渋谷にも銀座にも行く用事が無いので,取りに来てもらう事にしました. 最短が明後日の15日という事でそれでお願いしました.
     ピックアップは,業者が専用のケース?を持ってくるらしいので,箱等は不要との事でした.

     DE×Lには何度も故障修理連絡した事があるのですが,融通が利かなくて頭に来る事も多かったのですが,今回はスムースに事が進みました.思ったより時間がかかってましたがイライラすることもない対応でした.

     あとはちゃんと修理交換されるか否かでしょうか. 修理となれば,ピックアップ後7日〜10日ということでした.

    広告スペース
    Google